釣り ソルトウォーター

【アピア】チニングで活躍!「グランデージライト C76」のインプレ&実釣結果について

更新日:

こんにちは。

今回はアピア グランデージライト C76について。

フリーリグでボトムを攻めるチニングに使えるロッドを探していた私。

ライトロックフィッシュも楽しめそうなベイトモデルでリーズナブルなモノはないか?

そう思い、色々調べて辿り着いたのがこのグランデージライト C76。

しかし、ネットにインプレを上げている方は少ない模様。

大丈夫かな…?と思いながら購入するも実釣では非常に使いやすく満足できました。

そんな私が参考程度にこのロッドのインプレを記したいと思います。

この記事では以下についてお伝えします。

ポイント

・グランデージライトC76の基本情報
・実釣を通したインプレ



管理人のYouTubeチャンネル!
ぜひご覧下さい!


最新情報をお届け!
Twitterフォローお願いします!

グランデージライト C76のスペックについて

はじめにこのロッドがどのようなものかという点について触れてみます。

価格は2万円台とリーズナブル

ネットで注文して数日後。

自宅に到着。

価格は2万円台半ば

同様のスペックのロッドの中ではリーズナブルな方ではないでしょうか。

ボトムチニング中心に適当なスペック

次にスペックについて。

このロッドの適性ウェイトは3〜15gとライトな印象。

個人的にフリーリグでは7g前後のシンカーを多用します。

また、7.6fということで非常に使いやすい適当なレングス。

ホームは比較的浅く幅もそう広くない河川なのでチニングで問題なく使えると感じました。

張りはあるが硬すぎないベイトロッド

ロッドを袋から取り出して触ってみることに。

思ったよりも「細身で軽い」が第一印象。

簡単に曲げてみると、もちろん張りはあるがクセなくキレイに曲がります

同様のスペックのチニング専用ロッドより少々柔らかめでしょうか。

家で初めて触った感想はそんなところ。

実釣を通したインプレを紹介

ここからは実際にチニングでこのロッドを使ったインプレについて。

簡単に言えば誰でも使いやすくパワー不足もないいいロッドでした。

以下でその詳細をお伝えします。

合わせるリールやリグについて

このロッドに合わせるタックルについてお話しします。

参考

・リール シマノ アルデバラン BFS
・ライン アップグレードX8 #0.8

・シンカー 5〜7g
・ワーム クレイジーフラッパー等
・フック リューギ LTオフセット #2

ソルトベイトフィネスといった格好のタックルですね。

よくあるフリーリグでデイ&ナイトゲームを楽しんでいます。

ナイトのボトムチニングで入魂

初めてC76を使ったのは近所の浅い河川でのナイトゲーム。

フリーリグでボトムズル引きという基本的な釣りで試してみることに。

キャストについてはロッドがある程度曲がるので、気持ちよくリグを飛ばせます

そして、ボトムにリグが当たる感覚もコツコツとよく伝わってきます

この時点でチニングに関しては問題なく使えるロッドであると分かりました。

アタリが出始めたのは釣り開始からしばらくしてから。

1発目はフッキングならず。

2発目はゴンゴンゴンと明確なチヌらしいアタリ。

アワセを決めるとキレイにロッドがカーブを描きます。

バットはちゃんと残ってくれるので、余裕を持って引きを楽しめました。

上がってきたのは40cmのマチヌ。

硬い上顎にしっかりフッキングが決まっていますね。

個人的に操作感、感度、パワーいずれも大きな不足は感じられませんでした。

デイゲームのリアクションの釣りでも大活躍

次はデイゲーム。

昼間は夜と異なりボトムバンプや早めのズル引きで釣りを進めます。

C76初チヌを釣った河川の支流でスタート。

先程と同じようなフリーリグにてボトムバンプで探ってみます。

初めの方はフグとの戦いでワームを消耗してしまう羽目に…。

しかし正午ごろ、フグが大人しくなり見えチヌが増えてくると同時にコツンとアタリが。

即アワセでヒット。

障害物が少ないエリアなので引きを楽しんでランディング。

こちらは43cm。

ワームはジャクソン「ちぬころクロー」でした。

 

良型に対してもパワー不足は感じません。

その後、追加で子チヌ。

ボトムバンプなどのアクションも軽快にこなしてくれました。

また、この釣行の様子は以下の動画にまとめています。

ロックフィッシュにも使ってみました

最後にライトロックフィッシュゲーム

これもフリーリグのナイトゲームでした。

リフト&フォールで石畳のエッジ周辺を探ると根魚たちが姿を見せてくれます。

20cm前後のガシラたちに癒されました。

このくらいの根魚と遊ぶ際にも活躍してくれるロッドですよ。

ライトゲームバーサタイル!グランデージライト C76

上記の通り、チニングやロックフィッシュゲームでC76を使ってみました。

アクションを付ける、フッキングから魚を寄せるなど基本的なことは難なくできることが伝わりましたでしょうか。

では、ここでこの記事の内容をまとめてみます。

ポイント

・2万円台半ばの価格帯
・硬すぎずしなりを活かしてキャスト可能
・バットは残るのでパワー不足は感じない
・操作性や感度も十分
・チニング、ロックフィッシュに適性あり

ボトムチニングはもちろんトップでの釣りにも使えそうですね。

1本あれば色々と楽しめることは間違いなさそうなので、個人的に購入してかなりよかったと感じます。

今後、チニング用ベイトロッドをお探しの際には是非候補に入れてみてください。

 

ご閲覧ありがとうございました。

------------------------------------



YouTubeチャンネル登録お願いします!


最新情報をお届け!Twitterフォローもお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑記事が気に入ったらシェア・クリック↓

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-釣り, ソルトウォーター

Copyright© 地球釣ってみた。 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.