グルメ

【お寿司も一緒に?】本場で「和歌山ラーメン」食べてみた。

投稿日:2018年5月30日 更新日:

こんにちは。

今回は先日の和歌山旅行での食事「和歌山ラーメン」について。

ご当地ラーメンとして地元で親しまれているラーメンですが、実際店舗へ行ってみると少々変わった文化も垣間見える興味深いものでしたので、そこについても触れていきたいと思います。

和歌山屈指の名店「井出商店」へ。

和歌山ラーメン好きの方々からは必ずと言っていいほど勧められる名店である「井出商店」というお店にまずは足を運びます。

名店だけあって、行列は常に絶えないという噂を耳にしましたので開店直前を狙うことに。

専用駐車場は約10台分のスペースがありました。埋まっていてもすぐ近隣にコインパーキングがありますのでご安心を。

到着時刻は開店直前の11時20分この日はまだまだ空きがありました。

早速並んでみる。

店の前まで移動すると5名がすでに並んでいます。

私も並んで先客に話を聞いてみると、実はすでに開店しており1巡目で入りきれなかった方が外待ちしている状態であるとのこと。

そこはさすが人気店といったところですね。外観は年季が入っておりどこかいい雰囲気も漂っています。

メニューを拝見。

とりあえずどのようなラインナップとなっているのかを確認。

メニューをチェックすると…

こちらの和歌山ラーメン、地元では「中華そば」として提供されています。

そして気になるのが中段下あたりの「早すし(鯖すし)」というもの。

これは一体なんでしょう。この時点で気になりすぎてオーダーを決意しました。

そして入店へ。

並び始めて10分くらい経ったところで、店の方にオーダーを聞かれました。

今回はチャーシュー多めの「特製中華そば」をいただくことに。

その後、豚骨系の独特の香りに包まれつつ前の方々に続いて入店。

給水機横に着席することができました。店内は狭く窮屈な感じでしたがこれは仕方ありませんね。

そしてテーブルには先ほどの気になるものが…

「早すし」食してみた。

テーブルに積まれていた「早すし」です。多くの和歌山ラーメン店にセッティングされているとのこと。

この点で他のご当地ラーメンとは違った文化を感じます。

ラーメンの着丼前にこちらをいただきます。

肝心の中身はというと…

一口サイズの鯖のお寿司で、シャリと鯖とガリのシンプルな作りとなっておりオーダーの品が来る前に食べられますので鯖が苦手でないならオススメの一品です。

このお寿司の会計は退店時に店の方に聞かれますのでこちらもご安心を。

お待たせしました「着丼」

入店から5分強くらいでオーダーしていた「特製中華そば」がやってきました。

色と店の豚骨の香りからしてスープが濃いめの印象を受けます。そこは想像した通りの和歌山ラーメンです。

薬味はネギ。その他トッピングはかまぼことメンマ。そしてチャーシューが散りばめられています。

早速いただきます。

お味の方は、思ったより豚骨臭がないのですが醤油の濃いめの味がしっかり効いていて個人的にはお昼に食べて良かったと思うものでした。

麺はストレート麺で通常の茹で加減でいただきましたが、しっかりスープに絡みグッドです。

テーブルにレンゲがないので、スープが麺に絡むということは重要ですね。

ものの5分程度でスープまで完食できるほど食べやすく、また満足のいくラーメンでした。

井出商店まとめ。

退店時には店の前がえらいことに。20名オーバーの列ができておりさらに続々と人がやってきます。

開店前を狙うのであれば11時すぎくらいに並んでおくのもいいのかもしれません。

また、回転は非常に早い印象でしたのである程度の時間でも並んでおけば食すことができそうです。この回転も人気店では重要な項目ですね。

那智勝浦「たんぽぽラーメン」へ。

続いては、那智勝浦の「たんぽぽラーメン」へ。おまけ程度に簡単にご紹介。

和歌山市街地の井出商店からはめちゃくちゃ離れていますがこちらにも入店。

こじんまり。

外観はこじんまりとした印象。専用駐車場は道を挟んで反対側にあります。

店内も広くないのですが、並ばずに着席できました。

看板には「井出商店姉妹店」の文字が。これは期待できそうです。

オーダー&着丼。

お腹が結構減っていたので着席した後すぐに「ラーメン(大)」をオーダー。

狭い店内でテレビがついており地元の定食屋というような親しみを感じる雰囲気の中やってきました。

こちら。井出商店のスープより醤油が濃そうな印象です。

薬味とトッピングは姉妹店だけあって井出商店とほぼ同じ。

早速いただいてみると、お味は井出商店のような豚骨醤油ですが醤油の風味が結構しっかりしており柔らかめのストレート麺にしっかり合っています。スープにもよく絡んでくれるので相性はいいですね。

少々暑い日でしたので、これくらいのスープの濃さで丁度よく感じることができました。

那智勝浦はマグロなどの海鮮がやはり有名どころなのですが、このように和歌山ラーメンも味わってみるのもいいと思います。

最後に。

豚骨醤油の濃さが特徴の和歌山ラーメンでしたが、思ったより食べやすくリピートしたくなる味です。

また、早すしなどの独特の文化にも触れることができて、また知らないラーメンの世界を感じることができました。

価格も並みで回転も早めなので、和歌山にお立ち寄りの際にはご当地ラーメンを是非味わってみてはいかがでしょうか。

ご閲覧ありがとうございました。

YOUTUBEチャンネル登録お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑この記事が気に入ったらクリック↓

-グルメ,

Copyright© 地球釣ってみた。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.