釣り ソルトウォーター

【月下美人】ダイワ「夕凪 55F」をインプレ!チヌトップの実釣結果&使いやすさは効果抜群!

投稿日:2021年9月6日 更新日:

こんにちは。

今回はダイワの月下美人シリーズ「夕凪55F」のレビューについて。

夏場のチヌトップゲームにおいて、使いやすさを重視したい方にはぜひ手に取ってもらいたいと感じたこのペンシル。

チヌに有効なドッグウォークアクションを誰でも簡単にできる優れもの。

使い道はチヌのみならずライトゲーム関連全般で力を発揮してくれることでしょう。

ということでチヌトップの実釣結果を交えながらこの夕凪のインプレを簡単にまとめていきます。

この記事では以下についてお伝えします。

ポイント

・基本スペック
・特徴と使い方
・チヌトップ実釣結果



管理人のYouTubeチャンネル!
ぜひご覧下さい!


最新情報をお届け!
Twitterフォローお願いします!

月下美人「夕凪55F」の基本情報

はじめにこの製品のスペックなど基本的な部分を紹介します。

サイズとカラー展開はこちら

サイズとカラーについては以下の通り。

全長(mm)ウェイト(g)カラーラインナップ(種類)
5548

ライトゲームタックルで扱うのに丁度いいサイズ感ですね。

カラーについてもチヌに効果的とされるクリア系中心のラインナップとなっています。

価格はお手頃で良心的

気になる値段について。

メーカー希望価格は1200円と設定されているようです。

アマゾンでの実売価格を調べてみると1050円台でした(2021年9月)

価格的には手を出しやすい良心的な部類であると思われます。

製品の特徴と使い方を紹介

次に夕凪の特徴と基本的な使い方を解説します。

音でチヌを寄せるラトル入り仕様

このペンシルにはラトルが入っているという点がひとつ目の特徴です。

ヘッド部分にラトルが確認できます。

ルアーサイズで存在をアピールするのではなく、小さいボディに仕込まれたラトル音で寄せて食わせる狙いがあるようです。

ラトル入りペンシルというものをあまり見かけないので、これは面白いですね。

実際、振ってみると高めで軽い感じの音がしました。

軽い力で簡単にアクション

先述の通り、簡単にドッグウォークアクションが再現できる点が最大の魅力です。

素直なボディ設計によりストレスなく動いてくれるペンシルなので、誰でも使ってもらえるのではと感じました。

使い方はドッグウォーク&ただ巻き

パッケージ裏に簡単な製品解説が載っているので少し覗いてみましょう。

記載されている使い方はドッグウォークとただ巻き。

ペンシルの基本となる使用法ですね。

ただ巻きで引き波を出して誘ったり、ドッグウォークアクションによるラトル音で誘うようなコンセプトとなります。

トップチヌ釣行へ!釣果はいかに…

実釣の様子をお伝えする前に簡潔に結果を言いますと…。

かなりいい感じ。

それも少々活性が下がっているタフな状況に効果を発揮しました。

では、詳細を以下にまとめていきます。

夕凪だけに夕マズメの河川を狙い撃つ

近所の小さな河川に足を運んでみます。

チヌの実績は十分なシャローエリア。

季節は夏日が厳しい8月末ごろ。

時間も時間なので1時間勝負でエントリーすることに。

川を観察してみるといつも魚が溜まる場所に相変わらず魚がいるようです。

しかし、ルアーを通しても反応はなぜか鈍め。

一定距離を保ちつつルアーを追ってくるが途中でターンしていきます。

実はこのポイント、数日前にかなりいい釣果を叩き出していました。

その影響か全体的に魚はスレ気味な様子。

ということで少しエリア移動をして釣りを再開。

すると河川の対岸から執拗にルアーを追ってくる影が。

接近したタイミングでドッグウォークアクションを止めると一目散にバイト。

水面のルアーが消え、魚が持って行った瞬間にアワセると無事にヒット。

40cmほどの良型が姿を見せてくれました。

カラーは「クラッシュグローオレンジ」というもの。

そして、この魚に続いて間髪入れずチヌを追加します。

いいところに掛かるとなかなかバレません。

フックが細軸かつフッ素加工なので掛かりはいい感じです。

これは太軸主流のチヌルアーではなかなか得られないメリットのひとつかなと思いました。

カラーチェンジ後もチヌは元気

ここでカラーを変えてみることに。

先程のカラーから「ホロ宵シラス」というものにチェンジ。

もちろんこれでもヒット。

やはり定番のクリア系カラーは強いですね。

スレ気味のタフな状況下でも魚を出してくれるこのルアー。

また、別の日にもこんな感じで釣ることができました。

しかしながら良型ばかり。

普段ペンシルなどを使った釣りをしない私でも扱いやすさは抜群でした。

ポッパーなどで反応が悪い場合を想定して合わせて持っておけば安心ですね。

夏のチヌトップはこのルアーをぜひ使ってもらいたいところです。

まとめ!ライトゲームタックルで夕凪55Fを遊び尽くせ

ここまでで製品の簡単なお話や釣果について解説してみました。

チヌを中心に記事を書き進めましたが、もちろん他魚種でも問題なく釣ることができるでしょう。

ではここでこの記事の内容をまとめてみます。

ポイント

・良心的な価格帯
・クリア中心のカラー展開
・扱いやすさが魅力
・小さい力で綺麗にドッグウォーク
・細軸針で掛かりはグッド
・ラトル音で魚を寄せる
・タフな状況にも対応可能

残暑厳しい9月になりますが、まだチヌのトップゲームを楽しむことはできそうです。

色々なルアーを試してみましたが、夕凪は個人的に一軍間違いなしの逸品となりました。

また、このルアーを使った動画も載せておきます。

店頭などで見かけた際はぜひ手に取ってみてください。

ご閲覧ありがとうございました。

------------------------------------



YouTubeチャンネル登録お願いします!


最新情報をお届け!Twitterフォローもお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑記事が気に入ったらシェア・クリック↓

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-釣り, ソルトウォーター

Copyright© 地球釣ってみた。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.