釣り ソルトウォーター

【鳴門】初心者も安心。タイラバタックルは流用可!?実釣&基本的な釣り方とアイテムのお話

投稿日:2018年4月22日 更新日:

こんにちは。

今回は先日の釣行、鳴門でのタイラについて。

私自身、タイラバメインの出船は今回が初めてです。

今まではジギングのついでに軽くやってみるという感じでした。

つまり私は全くのタイラバ初心者ですといっていいほどのもの。

釣り方や道具もなんとなく知っているという程度。

ですが、同行者のアドバイスのもとでなんとか釣りができました。

この記事では釣りの様子や釣果はもちろん、初心者の私が実際に使用したタックルや基本的なタイラバのアイテムについてレポートしてみたいと思います。

タックルは代替品・流用もOK

同行者の助言もありロッドとリールは次のものを使用。

経験者が近くにいるのといないのでは違いますね。

ロッド・リールはイカメタル用

例年、夏頃にイカメタルをよくするので、そのタックルを持参。

・クレイジーオーシャン オーシャンウィップ 66B
・シマノ バルケッタCI4 200HG
・PE→0.6号(240m)+ナイロンリーダー3号

 

やはりタイラバ専用タックルが最もよいかと思いますが、流用タックルでも釣りをすることは可能でした。

このセットで90gまでのウェイトを扱いました。

遊動式タイラバの仕掛けの特徴と性質

タイラバの大きな分類は2つ。

ヘッドとラバー部が一体型の「固定式」とそれらが独立している「遊動式」の2種類に分かれます。

今回私は現在の主流となっている「遊動式」のものを選択。

遊動式を使うのメリットは以下の2つあると聞きました。

・バイトの際の違和感を軽減
・バラシを減らすことができる

 

魚がラバー部分を咥えて引っ張ってもオモリが動くことで違和感を軽減、さらにバラシも減らせるとのこと。

次にオモリとなる「ヘッド部分」と針が仕込まれている「ラバー部分」のそれぞれについて以下に書いていきます。

タングステンヘッドのメリット・デメリット

オモリ部分のいわゆる「ヘッド」については釣具屋さんに立ち寄ると様々な形状や重さの種類が見受けられます。

今回の釣り場である鳴門周辺では60g〜90gを使用。

潮の流れや速さなどの条件に応じて使い分けます。

初心者なので船頭さんや同行者に聞きつつ選択することに。

とりあえず先発はフリースライド 75g タングステンのゴールド

ヘッドの素材はタングステンと鉛モデルがありますがシルエットの小さいタングステンがなにかと活躍。

 

・メリット
表面積が鉛に比べて小さく潮に流されにくいことや硬度も高く感度が良い


・デメリット

かなり高額
ひとつロストするだけでもなかなか辛い価格帯である

 

カラーについては気になったカラーをローテーション。

主にオレンジ・ゴールド・レッド・チャート系を使用。

その日のカラーパターンがあるとすれば、カラーローテーションで探っていくしかないですね。

ネクタイ・スカートの種類

ヘッド同様、種類は様々ですがカラーは主にオレンジ・レッド・ブラック・グリーンをローテーション。

形状はストレート系・カーリー系の2種類を使用。

ただ、個人的にもう少し選択肢は多い方がいいと感じました。

遊動式タイラバの特徴のひとつとして、ヘッド・ラバー・スカート・フックを自由に組み合わせることができるという点があります。

それゆえに引き出しは多い方が選んでセットするという観点で楽しさが増すと思います。

遊漁船も多い

今回の釣り場は鳴門海峡。

水深30m半ば〜80m後半のポイント。

ベタ凪で温かく釣り日和な気候の中、出船。

有名ポイントでもあり多くの遊漁船が見られました。

途中、鳴門海峡大橋も下から見ることはあまりないので記念撮影。

小さいながらも有名な「渦潮」も合わせて見ることができました。

釣り方は簡単。一定速度の巻がキモ

イメージの中でのタイラバはボトムに落として一定速度で巻いてまた落として巻いて…を繰り返すものでした。

実際の釣りでもその通りです。

しかし、ただ単にフォールと巻き上げを繰り返すルーチンではなく、その中でも巻き速度や巻き上げるレンジなどを変えて、その日のパターンを探っていくことが大事だと感じました。

同行者にも同様なことをアドバイスしてもらいました。

もちろんタイラバの各パーツのカラーや重さなどのローテーションもやっていき考えながら釣りを進めます。

アワセ前に我慢。「巻き続ける」がポイント

釣り開始後は潮もあまり動いていないような状況でアタリもなく時間だけが過ぎていきます。

このタイラバという釣りにおいてよく耳にするのが「アタリがあっても止めずに巻き続ける」ということです。

普段はすぐアワセを入れてしまう性分ですが、そんな私にもアタリが…

ボトムから何回転か巻き上げていくと…

「ゴゴッ」というアタリがあり、我慢して巻き続けると次第に重みが増し、大きくティップが入ったところでアワセ。

無事にフッキングはしたようですが、そんなに引きも首振りもありません。

そして上がってきた魚。

割とすんなり上がってきたので何かと思えば30cmちょっとのコチ。

後ほど検索すると「イネゴチ」という種類のコチでした。

体の黒い小さな斑点がとても印象的。

こちらは同行者によって後ほど唐揚げにされました。

釣ったことも見たこともないコチでしたのでレアな1匹だったのでしょうか。

チャリコも立派なマダイのうち

少し間が空いて次のポイントへ。

その流しの1投目でボトム着底後、すぐにアタってきました。

これもしっかりと我慢して巻き続け、ここという時にアワセを入れます。

掛かっているはずですが時折、首を振っているだけでなんだか小さいなと感じるような魚。

現れたのは20cm半ばほどのチャリコ

ですがこれは確実にマダイ

お吸い物の具材にはちょうどいいようなサイズ感ですね。

一応目標は達成。

この後はアタリもなくラストひと流しも終え、昼過ぎに納竿となりました。

今回メインで使用して魚を釣ったタイラバは以下のもの。

オフショア入門にはオススメの釣り

先述の通り、タイラバメインでの出船は初でしたがなんとか流用タックルで小型ですがなんとか釣れました。

単純に巻いて落としてが基本なので、どなたでも意外と簡単にマダイが獲れるチャンスのある釣りなんだとな感じる次第であります。

難しいことはそんなにないのでオフショアをやってみたいという方にはかなりおすすめかと思われます。

また、個人的には財布に余裕があれば専用ロッドだけでも購入したいところです。

また、タイラバに関しての便利道具をまとめた記事もあります。

よろしければ合わせてご覧ください。

ご閲覧ありがとうございました。

YOUTUBEチャンネル登録お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑この記事が気に入ったらクリック↓

-釣り, ソルトウォーター

Copyright© 地球釣ってみた。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.