グルメ

【奈良】生駒名物といえばコレ!お土産にオススメ「高山かきもち」いただいてみた【レビュー】

投稿日:2018年7月29日 更新日:

こんにちは。

今回は近所の方にいただきました立派なお土産について。

この度、「高山かきもち」というおかきをいただく機会がありました。

どんなものだろうか?と思う方もいらっしゃるかと思います。

食してみたところ非常に香ばしく美味しかったので、是非見ていただきたく思います。

奈良県生駒市の名物のひとつだそうで、個人的にはビールなどのお酒のアテにもぴったりな逸品でした。

この記事では高山かきもちの中身がどのようになっているのかということやおかきの感想・レビューについて簡潔に書いていきます。

米粉を原材料として使用

まずはじめに外装について。

こんな柄の紙にに包装されていました。

餅つきをしているシーンでしょうか。

おかきの原材料を手配するための段取りをしているように見えます。

いかにも老舗といった感じの雰囲気が出ている部分は個人的にポイントが高いですね。

このお菓子「かきもち」の名前の由来は鏡餅の端を欠いて、それを焼いたことなんだそうです。

また、原材料には米粉を使っているとのこと。

餅をついているのにも合点がいきますね。

奈良「高山製菓」のおかきの登場

包装を剥がしてみましょう。

おかきといえば銀色の缶のイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

しかし、今回の入れ物はこんな感じ。

オレンジ色を基調としたシンプルなデザインのもの。

「高山製菓」なので「高山かきもち」なのですね。

早速、中身を見ていきましょう、

7種類入りの「味くらべ」を楽しもう

いくつかの種類がこのおかきにはあるようで、セット内容にそれぞれ差異があるようです。

いただいたセットがこちら。「味くらべ」という7種類の味が楽しめる仕様となっています。

他にも色々売られているようです。

アソートももちろんですが…

同じ種類の味の詰め合わせなんかもパンフレットに記載がありました。

また、箱単位でも注文できるんですね。

手土産が多く必要な場面では使えるかもしれません。

おかきだらけ!中身はぎっしり詰まっている

早速現物を確認していこうと思います。

カンカンのジョイント部分の透明なシールを剥がしてフタを開けると…

ザクっとおかきたちが詰められています。

梱包材はフタしたのプチプチひとつだけでしたので割れているものもちらほら。

まあ、そこはあまり気にしない…

全7種類のお菓子がぎっしり詰まっているのでしばらくはお菓子に困ることはなさそうです。

7種類のおかきのラインナップ

ここで7種類のお菓子を食べてみたいと思いましたので、とりあえず並べてみることに。

あれれ。

ちょっと待って。

同じパッケージデザインでも「翁」と「田舎焼」については中身が違うものがありました。

他にもあるかもしれませんが、パッとみたところはこの2つがそうです。

実質9種?となったのでそれぞれ食してみることにします。

ビールに合います

カンカンという単語が多く出てきますので、せっかくの場面、この銀色のカンカンにも登場してもらいましょう。

個人的に不動の4番バッター「スーパードライ」なのですが、特別限定醸造仕様のものがありましたのでこちらを起用。

悲しいかな、限定モノにすぐに手を出してしまうのです。

しかし晩酌に死角なし。

おかきと共にいただいてみようと思います。

美味しい!1番気に入ったものはコレ

スーパードライ片手に先述のおかきオールスターを食しました。

個人的に最も気に入ったものがこちら。

「海老サラダ」です。

これが個人的なMVP。

理由としては、香ばしさはもちろんのこと海老の味が濃厚で香りがダントツでよかったからです。

塩気もちょうどよく印象に残る1枚になりました。

もちろん全て美味しかったですよ。

何事も1番を決めるのはなんだかんだで難しいことです。

賞味期限について。日持ちはするの?

そして気になるのがこのお菓子の賞味期限。

公式HPにて確認したところ「3ヶ月」とありました。

中身がぎっしり詰まっているので短期間で食べきれなくても大丈夫なようです。

ただし保存は直射日光・高温・多湿をさけて冷暗所となっていますのでご注意を。

どこで買えるの?楽天・Amazonなどのネット通販は?

また、購入するにはネット通販などを利用できるのかということも合わせて調べてみることに。

しかし、結果として楽天やアマゾンなどでは残念なことにヒットしませんでした(記事投稿日時現在)

購入は公式HPへの注文もしくは実店舗での購入となるのかなと思います。

注文はお早めに…お盆や年末年始は混雑注意!

今回の「高山かきもち」については、香ばしさと程よい塩加減が気に入りました。これでさらにお酒が進むわけです。

しかし、意識して止めておかないと数日でなくなってしまいそうなので大事に食べていく予定にします。

そして、パンフレットの裏表紙を載せておきます。

生駒の方面にお立ち寄りの際は実際に行ってみてもいいかもしれません。

そして、奈良県は鹿や歴史的建造物が有名どころとして出てきますが、こんなものもあるんですよといったこともまた知っていただければ幸いです。

この地方のお土産などには非常におすすめですよ。

また、お盆や年末年始は注文が殺到するとのことです。

思いったったらお早めにどうぞ。

ご閲覧ありがとうございました。

------------------------------------



YouTubeチャンネル登録お願いします!


最新情報をお届け!Twitterフォローもお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑記事が気に入ったらシェア・クリック↓

-グルメ,

Copyright© 地球釣ってみた。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.