暮らし

【トラブル】500回の取り引きで見出した「メルカリ」の注意点まとめ

投稿日:2018年8月19日 更新日:

こんにちは。

今回は有名フリマアプリ「メルカリ」について。

近年では、かなり利用者が多い上に、個人同士の取引なので何かとトラブルにあった方もいらっしゃるかもしれません

私自身、数年前から度々このアプリを利用させてもらっているのですが、取引の回数(購入+出品)が約500回くらいになりますのでその間にあったトラブルや取引する上での注意事項をまとめてみようかと思います。

取引の形態について

まずはこんな感じ。先述の通り約500回の取引を行いました。

出品回数の方が多いのですが、大体でいうと出品:購入=50:50のような格好になります。

出品の多くは家にある不用品について、購入の多くは趣味の釣り関係や中古で事足りる家で使うものでした。

評価について

メルカリには取引後に「良い」「普通」「悪い」の3つが付きます。

私の通算評価がこのような感じ。

ほぼ100%「良い」評価が付いています。

「普通」は1件、「悪い」は0件です。

トラブルについて

やはり個人間なのでトラブルは多いと言われますが、個人的には幸いそこまで悪質な事態に見舞われることはありませんでした。

強いて言うならば、出品時に相手サイドが画像をしっかり確認せずに購入して、届いた現物にクレームをつけられたことくらいでしょうか。

この「普通」評価がそのクレームについてです。

この方はこの件について運営にクレームを申請されていたそうですが、私の出品情報にしっかり画像を添えて説明していた点についてのことでしたので、結果通らずで報復のような格好で「普通」の評価にされていたようです。

このように、しっかり商品の情報を記載していても理不尽なクレームをつけられることも実際にあります。

各取引の際の注意点について

では以下に「出品時」と「購入時」の注意点について分けて書いていこうと思います。

「出品時」の注意点

まずはじめに出品時。

どちらかと言うとこちらの方が少しシビア。

個人的に注意したことは以下の通り。

⒈悪いところがあれば必ず画像と説明をアップ、「画像を確認ください」の文言を記述。

⒉大体の商品の使用頻度と保存状態の記述を入れる。

⒊「自宅保存、中古品ということをご理解の上、購入ください」の文言を記述。

⒋購入してもらった後の商品の流通状況をしっかり説明する。また、定形外郵便はあまり利用しない。主に「メルカリ便」または「クリックポスト」を利用する。

 

こんなところがメインです。

⒈については簡単にいうと「嘘偽りなく」という部分ですので良心の問題といえばそうなります。

「説明だけ」もしくは「画像だけ」ではなく「両方の説明」が必要だと感じています。

主観的に見たということと客観的に見た印象ということでは、ものの見方に相違が生まれる場合もあるので、できるだけそのギャップをできるだけ埋めて納得して購入してもらわなければなりません。

⒉については購入側に回った時、個人的に気になる部分であったのでそういった方は多いのではないかと思い記述するようにしています。

⒊については保険のような文言です。

中古品に対してかなり神経質な方の購入を避けてもらいたいがために一応入れています。細かいことで後から「説明文に書いていなかった」などのクレームを躱せるように自衛しておくのも大事な点です。

これに関しては⒈にも言えることです。

そして、最後の⒋に関してが重要だと感じています。

基本的に説明欄には余裕を持って「4〜7日に発送」ということを入れているのですが、できるだけ早急に発送しています。

ちなみにですが、取引を重ねる上で発送日数についてこだわりの多い方はそんなにいないかと思いました。

発送後の連絡は発送方法について、いつどのように発送したかということをお知らせしています。

特に「追跡番号」の記述は欠かさないようにしています。

それをしない人も多いのでできるだけ「しっかり取引している」という印象もつけることができるということと、流通状況も双方が把握できるのでこれはやった方がいいと思います。

また、「匿名配送」はメルカリの強みでもありますのでよく利用しています。

購入時の注意点

私自身、購入時はトラブルにあったことがないのですが、こういったところに気をつけてるということを書いていきます。

 

⒈出品者の評価の確認。

⒉不明な部分は必ず質問する。

⒊商品確認後、受取評価はすぐに行う。

 

能動的にできることが多いので、正直なところこちらはそんなに気にはならないです。

⒈についてが最も大事な点だと感じているのですが、結局「悪い」取引回数が多いアカウントの出品物には手を出さないようにしています。

⒉については悪い部分があればどんなところかなど、取引前に納得しておかないといけない部分を聞いておくということです。購入して商品が到着した後に嫌な気分にならないようにしておくことも大事ですね。

⒊は簡単なことですが受取後すぐ確認→評価という流れを大事にしています。

メルカリ便など追跡番号がついていると、受取後はたとえ家族が受け取ったとしても日が経ちすぎてしまう場合「評価が全然されない」という印象を与えてしまいますので注意しなければなりません。

代理で家族の誰かが受け取って自分が確認するのに時間がかかる場合は、それが分かった時点で相手に連絡しておいたほうが無難でしょう。

値段設定について

出品時および購入時で最も気になるのが「値段」についてという方も多いと思います。

個人的に出品する際には「ほんのわずか相場より値をつける」ということを意識しています。

メルカリは値引きが当たり前の世界となっていますので、枕詞のように様々な値引きのコメントが殺到します。

相場より高く設定することで、値引き希望のコメントに対して少し値段を下げてやれば即バイトということも多くあります。

とにかく「値引きした事実」ということで満足感を得るユーザーが多いと思いますのでこちら側が損しないようにコントロールしなければなりません。

また、絶対に買いたいというような意思を持ったコメントに対しては、わざと値引きを断るとすぐにその価格で購入してくれることもあるので慣れてくれば見極めることも可能です。

しかしここは出品や購入に関わらず、良識を持って処理しなければならない部分でもあります。

気になる方は、常識を逸する値引きに関してはブロックまたは通報するということもプロフィールに記載した方がいいかもしれません。

能動的にできることが対策

メルカリの出品および購入について書いていますが、これまで大きなトラブルがなかったのは幸いなことです。

出品側に回った時の方が何かと気を遣うことが多いのですが、しっかりやるべきことをやればトラブルに発展することは少ないと思います。

ただ、世の中どんな方がいるかわからないので常に自衛するという意識を持っておくということも重要なことであると改めて認識しました。

そして、今後も有効に「メルカリ」を利用できるように努めていきたいと思います。

ご閲覧ありがとうございました。

------------------------------------

YouTubeチャンネル登録お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑記事が気に入ったらシェア・クリック↓

-暮らし

Copyright© 地球釣ってみた。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.