旅行記

【後編】謎解きにも挑戦「弱虫ペダル GLORY LINE 淡路島ステージ」

投稿日:2018年9月10日 更新日:

こんにちは。

今回も前回に引き続き「弱虫ペダルGLORY LINE 淡路島ステージ」について。

「ニジゲンノモリ」「のじまスコーラ」「クラフトサーカス」「オーシャンテラス」の4つの施設にて開催されているこのイベント。

前回は「クラフトサーカス」「オーシャンテラス」の2施設についての記事でした。

そして今回は前者2施設の「ニジゲンノモリ」「のじまスコーラ」での内容を書いていこうと思います。

↓前回の記事はこちら↓

「のじまスコーラ」へ

オーシャンテラスでの食事を終え、続いて目指すは「のじまスコーラ」

こちらは2010年3月に廃校となった野島小学校を改装して新たにできた施設だそうです。

建物の外観をはじめ、鉄棒などところどころに学校であった痕跡もあります。

懐かしみが深いのでその点にも注目してみて下さい。

「アルパカ」も?

駐車場は校庭だった場所にありますのでそこに駐車。

車から降りて辺りを見回すと校庭の隅っこになにやら人集りが。

近づいてみるとこの有名な動物たちがいました。

「アルパカ」が飼育されているようです。

どうやら不機嫌なのかなかなかこちらを見てくれない茶色いやつ。

名前はジョー。

白いモフモフのやつはランチタイムでした。

少し毛を撫でてみたのですが、想像以上に柔らかく温かかったです。

そしてもう1匹。

こちらは優雅なティータイムでした。

学校にありがち

また、小学校にこんなのあったなというものを発見。

日時計的なもの。

百葉箱とともに学校にあった記憶がありますが正式名称は分かりません。

子供時代を思わせるような懐かしい気分にさせてくれるような施設ですね。

総北&箱学

校庭で動物たちを愛でたら次は本命へ。

入り口にはしっかりフォトスポットのパネルが。

真波メインなのでしょうか、センターにいらっしゃいます。

そしてコラボメニューを早速食したいところですが、お昼過ぎとはいえここは人気施設。

レストラン内は多くの人で賑わっている様子。

少し待ってようやく入店することができました。

スイーツメニューに注意

ここで注文予定のメニューは「風の翼ホワイトシチュー」「風の翼のロールケーキ」でした。

しかし、訪れたのはお昼の時間。

この時間帯だけにロールケーキはランチタイム対象外とのこと。

土日祝は11時〜15時がランチタイムでしたので、スイーツ系は残念ながら15時以降でしか味わえないようです。

ですのでここでは必然的にシチューとドリンクを注文することに。

外のテラス席を選択したので外を眺めながら待つことに。

そして、しばらくしてまずはドリンク登場。

真波なのでイメージカラーのに仕上がっています。

レモンは「翼」を模しているのでしょうか。

そしてメインもやってきました。

1番にこの小鉢はなんなんだ…とツッコンでしまうくらいインパクトのある青いやつ。

どうやらサラダにかけるドレッシングのようです。

気になるこのドレッシングの味は柑橘系でした。

しかし、食品ではなかなかお目にかかることはない色なので最初は少々勇気がいりますね。

私は意外と大丈夫なのでペロリと平らげてしましました。

もちろんですがシチューも美味しかったですよ。

また、このパンも翼をイメージしているのかなと感じました。

学校の校舎で食事をするという感覚でのランチでしたので非常に楽しかったですよ。

3階がオススメ

食後はスタンプラリーのポイントでもある3階を目指すことに。

学校だけに両校の「校歌」が展示されていました。

そして元教室である一室にポイント発見。

やっぱりいました。

のじまスコーラが総北と箱学の合宿の拠点なのでしょうか。

また、そのほかに各キャラのロッカールームなどの展示がありました。

机の上のノートには来場された方々の感想などが書き込まれていました。

ゆっくり読んでみるのもいいかもしれません。

ここでは休憩しつつ展示を見て、そして次は最後に目指す目的地へと車を走らせることに。

「ニジゲンノモリ」へ

最後に4施設目「ニジゲンノモリ」に向かいます。

兵庫県立淡路島公園内にある施設で、その敷地面積が広く東京ドーム28個分ほどの大きな公園です。

こちらではコラボメニューの他に「謎解きゲーム」がありますのでそれも体験してみました。

はじめに「モリノテラス」というところを目指すので「F駐車場」に車を停めます。

逆側の駐車場に行ってしまったらかなり遠いので注意しなければなりません。

ただこの「F駐車場」は少々混んでいました

あとで調べてみたところ少し離れている場所にあるのですが「G駐車場」からのアクセスがいいかもしれないということが分かりました。

少しばかり坂など歩かないといけないのが難点ですが、ほとんど車が停まっておらず混雑時にはオススメです。

そして、駐車場から降りていき、奥の方に見えるカラフルな建物が「モリノテラス」です。

広大な芝生などもあり、ファミリーでキャッチボールをしたり遊んだりする姿が多く見られました。

クレヨンしんちゃんも?

モリノテラスにて謎解きゲームの手続きをしたのちに、園内を歩き回り謎解きをやります。

また、道中には「クレヨンしんちゃん」のモニュメントがたくさん。

私の中では、みさえの毛量がやばいと話題に。

「オラは人気者」だと言わんばかりにモニュメントと写真を撮る人がたくさんいました。

ちょっと登った坂の上では真波と手嶋が並んでいます。

この2人の「いろは坂」でのシーンはアツかったですね。

ここについた頃はちょうどティータイムにはもってこいの時間でした。

そして肝心の謎解きについては内容はともかく、2時間半くらいかかりやっとクリア。

普段あまり頭と体を動かない私にとっては、久々にとてもいい運動にもなりましたので参加してよかったと感じます。

オススメは「カレー」

謎解き終了後はスタンプポイントを経由し、モリノテラスに戻って本日ラストのコラボメニューへ。

猫の足跡がついていますね。黒田メニューのピザが先発。

生地がカリカリで美味しいですよ。

続いてはビーフカレーです。

ロードバイクはレモンとパプリカで表現。

味が濃くて個人的にかなり好みの味でした。またやはり肉が美味いですね。

そして3つ目はこれ。

オムライスのようですがこれは何をイメージしているのだろうと考えましたが、悠人の「頂上のスズメ蜂(ピークホーネット)オムライス」だそうです。

彼はスタンプポイントにて玉ねぎの面をつけて登場していました。

優しい味で、家でこんなの作れたらいいなーと感じる一品です。

もちろんこれらは仲間内でシェアして食しました。

一人では食べきれませんね。

そして、ドリンクも注文。

「頂上の蜘蛛男(ピークスパイダー)&眼鏡パイナップルフロート」

巻ちゃんと小野田のドリンクですね。

緑の部分はゼリーのような感じ。

案の定、これにてお腹いっぱいになってしまいました。

1日通じて、かなり飲み食いしてしまったので体重の増加が気になるところですね…。

この後は、小野田の顔を拝見してハイケイデンスで帰路につくことにしました。

混雑を避ける周り方

混む前に食事処からと決めて攻めていったので、案外スムーズに1日で4施設を全て回りきることができました。

まとめると…

①「クラフトサーカス」
②「オーシャンテラス」
③「のじまスコーラ」
④「ニジゲンノモリ」

こんなルートでした。

クラフトサーカスは特にお昼時は混雑するイメージがありましたのでオープン直後に行くことをオススメします。

またこの施設、実は全部初めて訪れるところでした。

どれもオシャレですので、また行きたいなーと思ってしまうほど。

現在は台風がガンガン来ており週末はぐずついた天気になることが多いのですが、まだまだ期間はあるので興味がある方は行ってみても面白いのではないのでしょうか。

4施設はいずれも淡路インターからそう遠い場所ではないのでアクセスも良好です。

特にこれから秋の過ごしやすい気候の時期には楽しめると思います。

ご閲覧ありがとうございました。

YOUTUBEチャンネル登録お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑この記事が気に入ったらクリック↓

-旅行記,

Copyright© 地球釣ってみた。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.