釣り ソルトウォーター

【和歌山】真夏の夜の堤防で「モンハン」って!?仕掛けや釣り方・ターゲットの紹介【巨大魚】

投稿日:2018年8月16日 更新日:

こんにちは。

今回は「モンハン」について。

多くの方は「モンハン」と聞くと「ゲーム」の方を思い浮かべると思いますが、この度書かせていただくものは「釣り」の方のモンハンです

ゲームの方も若い頃は2nd〜ずっとやり込んでいましたが…。

その釣りの方のモンハンとは何か?

この記事では今までにこの釣りで釣った魚&その釣り方、タックルや仕掛けなど準備するものなどについて触れていきます。

また、今年も実際に釣行に行ってきました。

ポイントは和歌山県。

釣行日は海の条件もそんなにいいとは言えないものでしたが、簡単にその釣行の様子についても書いていこうと思います。

そもそも「モンハン」って?

先述の通り、ゲームのイメージが先行するこのモンハン。

どんな釣りかというと夜の「フカセ釣り」または「ぶっ込み釣り」などで一発大物を狙うというもの。

堤防もしくは地磯でやるのが一般的。

とりあえず「モンスターハンティング」もしくは「モンスターハント」の略なんだそうです。

狙いはゴリゴリの巨大魚たち

この釣りにおけるターゲットは「タマン」や「コロダイ」などパワー系がメインです。

外道には「サメ」や「エイ」などこれまたパワー系を相手にします。

磯などでされる方が多いですが、手軽に堤防でのんびりやるのが好きなのでポイントは和歌山中南紀の堤防によく行きます。

ちなみに友人に教えてもらって以来、毎年この時期に釣行していますが今のところボウズなしです。

アタリの多い釣りであることも魅力のひとつ。

しかし、残念がら本命のタマンはまだ釣ったことがありません。

タックル&仕掛け、エサはどんな感じ?

大物相手のモンスターハンティングだけにタックル〜仕掛けまで強めのものを使います。

ロッド・リールは流用でももちろんOK

まず最も大事なところからスタート。

普段はオフショア用のジギングタックルがあるのでそれを使います。

ロッドは200gくらいまで使える程度のもの

リールは8000番でラインはPE3号を巻いています。

これでもこの釣りではライトタックルの部類に入りそうですね。

オフショア用なのでロッド自体長くないのですが、足場の高くない堤防での使用は問題ありませんでした。

ケミホタルと鈴があれば便利

この釣りでの便利グッズを紹介しましょう。

それはロッドに取り付けてある「ケミホタル」と「鈴」の2つ。

釣り方としては投げ釣りの感覚で三脚にロッドを立ててアタリを待つスタイル。

いわゆるぶっ込み釣りですね。

ロッド穂先にケミホタルと鈴を取り付ければ、暗くなってもどのロッドにアタリが出ているかがすぐに分かりやすいので着用推奨です。

また、突然の魚の襲来に備えてドラグは必ず緩くしておきます

仕掛けはかなりシンプル

次に仕掛け。

一般的に天秤仕掛けなどが主流かと思われますが、簡単に済ませたいので中通しオモリ、サルカン→ハリス、ハリと繋げていく格好でやります。

シンプルなぶっ込み仕掛けですね。

重さは状況に合わせて10〜20号を準備。

根の荒い場所も攻めるのでオモリはスタックしないような形状ものを選びたいところです。

手元には長型があったのでとりあえず持っていきます。

また、サルカンは「NTパワースイベル」を使用し簡単に破壊されないようにします。

もちろん番手は大きめのものを。

強度は重要です。

ハリスは50〜80lbほどを使用します。

今回はナイロン80lbを使用。

そして針については、カン付きタマン針最も大きいサイズのものを選択。

使用したのは24号。

この針はワイドゲイブなのでエサの房掛けもできますね。

単純に線型も太く、大概のモンスターでも簡単には曲がらないかと思います。

エサは撒き餌も準備

モンスターのエサについて。

個人的には刺し餌はイカがメイン。

次いでサンマイワシなど魚をスーパーで購入していきます。

そして撒く用のエサも購入するのが無難です。

撒き餌にはキビナゴや刺し餌同様のイカなどをいつも準備していきます。

特にイカの臓物は効果があるように感じました。

ロッドは飛ばされないよう対策

ロッドには念のためにこんなものも取り付けておいたほうがいいでしょう。

尻手ロープつけて、ロッドが魚に飛ばされないようにしておきます。

いきなりロッドを引きずり込んでくる場合もあるので油断できません。

このロープは簡素なものなので、もっとしっかりしたものの方がいいです

また、フック部分が大きい方が着脱には有利かと思われます。

アタリがあってからすぐに対応できる方がいいですね。

釣れた魚の例

今までにこの釣りで釣れた魚を一部紹介します。

普段では味わえないような釣果を得られるのも面白いところです。

最も多い「ウツボ」

この釣りの外道として1番よく見かけるのが「ウツボ」です。

こちらはスタンダードなもの。

1m超え。

サイズは大きめの「トラウツボ」なるもの。

ガラが細かめのものなど様々います。

針はずしの際などには絡みついてきたり噛み付いてきますので注意しましょう。

綺麗なウミヘビ

ウミヘビ類もよく見かけます。

中でも印象に残ったものがこちら。

まさかのキリン柄。

「モヨウモンガラドオシ」という名前だそうです。

意外と可愛げのある顔。

水族館に展示されていそうなウミヘビですね。

アナゴはアナゴでも…

上記は長物ばかりですが、続いてこちらも同じく長い魚。

「クロアナゴ」という種類のアナゴ。

ネット上ではそんなに味の評判がよくないのですが実際のところどうなのでしょうか?

食べたことがないので気になるところです。

引きはかなり楽しい

外道の中では引きでぬか喜びするのがこれ。

やはり「サメ」

とにかく引くのでモンハン感がすごい魚?です。

友人が釣ったのですがドラグフルロックでもガンガン糸が出ていきます。

撒き餌が効いていれば、1匹釣れれば間髪入れず近くで釣れるような印象がありますね。

私は同じタイミングで見事にバラしました。

このような大物にも対応できるような枠のタモはもはや必須です。

でもやはり本命が釣りたい…。

今回の釣行ポイント

次は釣行編へ。

今回は出発が遅かったので中紀へと足を運びました。

海の状況は、時化少々で小さすぎる堤防は波を被ってしまう感じ。

何箇所かポイントを見積もっていたので、現状を考慮し、そのうちのひとつに入ることに。

先行者も居て話を聞くと、狙いは同じようなものでもちろんタマンやコロダイの実績もあるとのこと。

早速準備していきます。

サーフと磯が絡んだ堤防。

はじめに軽く撒き餌を打ちつつのんびりと景色を眺めます。

次第に日も沈んでいきいよいよという感じに。

ちなみに今回の撒き餌と刺し餌は「ケンサキイカ」

和歌山でいう「アカイカ」

イカメタル好きな知人に結構な量を餌用にと譲ってもらいました。

セット完了後、キャストして早速スタート。

先述通り、ロッドたちを三脚に立てかけてドラグはユルユルに設定。

それに加えて暗くなると見えないのでアタリ用のスズをセットします。

餌取りに悩まされる

開始後そんなに時間が経って居ませんが、徐々に暗くなりロッドのティップに付けているスズが時折「リンリン」と鳴ります。

アタリが出ていることは出ているのですが、ググッと持っていくような感じではなく回収したら餌が取られているということの繰り返し。

小さなエサ取りたちは元気です。

やはり海の生き物も人間もみんなイカが好きなんですね…。

待望のヒットはコレ

日も完全に沈み、しばらく撒き餌を打っては仕掛けを回収して色々試してみます。

そしてついに、今までのエサ取りとは違ったアタリが。

ガンガンとティップを揺さぶっているので、鈴と尻手ロープを外してしばらく待ちます。

そして、糸が大きく出て行ったタイミングで大きくアワセ。

しっかりとした重量感が伝わり今一度、追いアワセを入れファイト開始。

ボトムに張り付く感じで、どちらかというと重いものをポンピンングであげてくるような格好。

時折ググッと引き込みますが余裕で止めることができます。

強引に海面まで上げてきてそのままタモ入れ。

そしてランディングできました。

引きからして本命でないことは確かでした。

これも外道でお馴染みの「アカエイ」

タモ枠と同じようなサイズ。

また、必ず尻尾だけは注意しないといけません

これに刺されたらえらいことになりますね…。

フックを外しもちろんリリース。

使用していたサルカンやタマン針はもちろん変形など全くなかったです。

しかし、この後は満潮いっぱいの時間帯になり、堤防に少し潮がかぶってきたので移動としました。

少しだけ北へ上がっていき、次のポイントにて釣り座を確保します。

移動先でも撒き餌を打ち、ひたすらアタリを待ちますがエサ取りもおらず残念ながら魚の姿を見ることはできず終いに。

その流れで日付が変わる頃に降雨&納竿という流れになりました。

ラインブレーカーのススメ

本当にもっともっと釣りたかった今回の釣行。

ウツボやウミヘビが入れ食いの時もあれば、大きなオジサンなどよく釣れる時など、普段釣れない魚たちが楽しませてくれるのも魅力のひとつでしたがまたリベンジです。

まだまだ暑いのですが、夕涼みができる時間帯での釣りは過ごしやすく楽しいですね。

また、この釣りはどなたでも大物と対峙できる可能性があることも嬉しいことのひとつです。

そして、使用するのが強力なタックルゆえに根掛かりを外すorブチ切るのも一苦労

PEを無理に手で引っ張ることで怪我をする可能性もあります。

その怪我防止のため、「ラインブレーカー」があればいいと思います。

もし落水しても浮く仕様ものもが多いのだそうでタモで回収することもできそうです。

そして次こそは本命「タマン」を。

ご閲覧ありがとうございました。

YOUTUBEチャンネル登録お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑この記事が気に入ったらクリック↓

-釣り, ソルトウォーター

Copyright© 地球釣ってみた。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.