釣り ソルトウォーター

【佐田岬半島】デイでも釣れる!?漁港ランガンで狙う秋の大アジ釣りin愛媛【アジング】

投稿日:2018年11月20日 更新日:

こんにちは。

今回はアジング遠征について。

定期的に通っている愛媛県「佐田岬」での釣行のお話。

初めて来た際にはポイントも分からず、風も強かったため上手いことアジを釣ることができませんでした。

今回は幸いなことに釣行日の天候はバッチリ。

ポイントについては回る箇所を風向きで決める状態です。

しかし、残念ながら予定のついで釣りをしたのでデイゲーム&深夜近く限定での渋めの時間帯。

この記事では、マズメなどのゴールデンタイムを逃してもしっかり釣ることができたのか?ということとどれくらいのサイズのアジが釣れたのかということをこの記事では書いていきたいと思います。

半島デイゲームは回遊が釣果に影響

はじめにデイゲームについて。

ポイントに到着し風も弱い状況の中で釣りをします。

だいたいお昼過ぎくらいにスタートとなりました。

海中の様子はどうなっているのか?と覗き込むと…

即アジの群れを目視できたのでキャスト。

その付近を引いてくるとすぐにヒット。

幸先よくサイトで20cmあるかないかのサイズ。

その後も次々とただ巻きでアタってくるので活性はいいようです。

サイズは同じようなものですが数釣りを楽しめました。

時間が経ち、一通り釣れたところで群れが去ったのでしょうか。

アタリも減ってきました。

そこでレンジやヘッドの重さ、そして誘い方などを変えてみると…

すぐにヒット。

レンジを入れてやりカーブフォールで食わせたりと色々工夫することでポロポロ魚を拾っていくことができました。

そして、うまい具合に回遊に当たると1投1匹釣れ続くことに。

このようにデイゲームでもサイズを問わなければ数釣りが十分楽しめますよ

晩秋ナイトアジング。漁港内は数釣りの時期

夜に用事があったので一旦退散。

その用事を済ませた後、夜中に車を走らせてとあるポイントへ。

デイゲーム時とはまた違ったエリア。

この時期は内側でも十分尺近い魚が出るので大人しく港内でやることに。

しかし現実は…

サイズはそんなに変わらない様子。

さらに小さくなっている気がします。

しかし、相変わらず1投1匹ペースで釣れ続いています。

やはり魚の数が多いのか、最初のフォールですでにこのくらいのサイズが掛かってしまうということが多いように思います。

尺アジの回遊チャンスを待つ…大アジはいるのか

アングラーは他におらず体も徐々に冷えてくる時間帯に差し掛かってきます。

それでも回遊を待ち、ボトム付近を探っていると前触れもなくいきなりきました。

感じ方が今までと少し異なる「ゴッ」という重めのアタリ。

これをアワせるとドラグがいつもより出ていくので、これは!?と思い慎重にやりとり。

ランディングすると…

ジグヘッドごとワーム丸呑み状態。

メジャーがなかったのですがだいたい目視で20cm後半くらいの良型をゲット。

同行者もこのタイミングで同じようなサイズの魚をあげていました。

しかし、残念ながらこのあとは続かず一瞬でサイズは元どおりに。

やはり回遊してくれば十分に良型のチャンスありのようです。

それでもまた釣れ続ける半島ポテンシャルに一晩中楽しませてもらいました。

外道も多いライトゲーム

地元ではまず味わえないくらい釣ることができたのでいい思いをしたことは言うまでもありません。

また朝マズメを迎える頃にこんな魚も。

餌釣りの定番「チャリコ」をライトゲームで初めて釣りました。

小さいサイズながらがっつり食っていますね。

この辺りの地域ではタイも名物のひとつのようです。

こんな感じでアジングやメバリングでは外道もよく釣れるものです。

この他にもベラやフグの姿も拝めました…。

アジングの後は名物「八幡浜ちゃんぽん」へ

佐田岬を後にしてお昼時を迎えます。

岬の根元の町「八幡浜」に毎回と言っていいほどお世話になるご当地グルメがあります。

商店街の中にある「ロンドン」へ。

ここは名物「八幡浜ちゃんぽん」の老舗。

いつも人で賑わっている印象。

専用駐車場もあるので車でアクセスも可能となっています。

この店の名物メニューの「ちゃんぽん」をいつもオーダーしております。

あっさりとしたスープにたっぷりのお野菜。

人が並んでいることも多いのですが、安定の食事処です。

地元の方も多いのですが、釣りや観光の際のお食事にもオススメですよ。

また、この八幡浜はちゃんぽんのキャラも存在するほど力を入れているようです。

お近くに立ち寄られた際には立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

また、愛媛のお土産についても見逃せません。

ついでに道の駅などに寄ってみるのもいいかもしれませんね。

有名どころのみかんもそうですが、他にも色々とありますよ。

釣果のポイントは佐田岬のポテンシャルの高さ

今回は佐田岬でのデイ&深夜のアジングでした。

この記事のまとめは以下の通り。

ポイント

・港内でも良型アジに巡り会える
・数釣りも申し分ない
・回遊に当たることが重要

アジの量が多いのか、どの時間帯でも魚の姿を見ることができました

特にデイゲームでお腹いっぱい釣れるということがとても楽しめた要因のひとつです。

ですので、いい時間帯を多少逃しても釣ることはできるという結果になりました。

以下は佐田岬のデイゲームの様子です。

ご参考にどうぞ。

しかしながら、サイズについてはそんなに満足いくものではありませんでしたので、しっかりと対策を立てて魚のサイズにこだわった釣りができるようにしたいですね。

また、冬の1月佐田岬アジングの記事もありますのでこちらも是非合わせて見てください。

ご閲覧ありがとうございました。

------------------------------------

YouTubeチャンネル登録お願いします!


最新情報をお届け!Twitterフォローもお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑記事が気に入ったらシェア・クリック↓

-釣り, ソルトウォーター

Copyright© 地球釣ってみた。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.