釣り ソルトウォーター

【検証】満月VS新月!磯場のメバルがよく釣れるのはどっちかを確かめてみた【メバリング】

投稿日:

こんにちは。

今回はメバリングと月の大きさについて。

満月と新月。

一般的に魚が釣りやすいのは月明かりがない新月であると言われています。

ということで同じ時期の同じ釣り場で新月大潮と満月大潮の釣果の差を見比べてみることに。

春の陽気を感じられ、暖かくなりつつある磯絡みのゴロタサーフに行ってみました。

この記事では以下についてお伝えします。

ポイント

新月が釣りやすい理由
・新月VS満月の釣果発表
・対策とポイント

新月の方が有利な理由2点

冒頭でもお伝えした通り、メバルをはじめとする魚を釣るのであれば新月の方が圧倒的に有利であると言われています。

では、その理由について解説していきましょう。

月明かりがなく警戒心が薄くなる

まず大きな要因として月明かりが皆無であること。

満月の場合では月明かりが強く差し込まれ、極端に言えば海中が昼間の状態に寄っている状況になってしまうと言えるでしょう。

メバルは日中、海藻やストラクチャーの奥深くに身を潜めるのでどうしても釣りにくい状態に…。

新月であれば、差し込む月明かりがないので暗闇から餌を求めてより警戒心が薄くなり活動的になると言われています。

「百鬼夜行」とはよく言ったものですね。

ラインや擬餌が見えにくい

メバルは目のいい魚としても有名ですね。

月明かりのない新月では、光量が少なくラインやルアーが見えにくいというメリットも存在します。

新月にはメリットが多いものです。

実釣結果!満月と新月のメバルの釣果を比較

ここからが本題。

先に結論から述べておくと、新月の方がやはりよく釣れました。

具体的な内容は以下に記します。

ポイントは磯絡みのゴロタサーフ

訪れた釣り場はゴロタサーフ。

所々に磯場があるのでその周辺を狙うことに。

夕マヅメからスタート。

これは新月と満月の日、どちらも同じ時間帯での釣りになります。

仕事の関係もあり、狙いは上げ止まり直後→下げ止まり前までのタイミング。

使用ルアーは両日ともプラグオンリーとしました。

満月の釣果

まずは満月の結果。

この魚含め2本のみ。

下げ止まりの30分前で連発したような格好に。

アタリも少なく少し寂しい釣果となりました。

サイズはMAX20cm半ば。

体高は立派でコンディションは良さそうでした。

新月の釣果

続いて有利とされる新月の結果はこんな感じ。

メバル12匹+ガシラ1匹。

MAXサイズは25cm。

この日は夕マヅメと下げ止まり1時間前からアタリが連発。

その他の時間帯でもコンスタントにアタリがあり、魚に恵まれた釣行でした。

参考までにこの翌日の魚も載せておきます。

生憎の強風でルアー操作が難しく短時間の釣りでしたが、良型が揃いました。

手前のブルーバックは26cm。

結果としては新月の方に軍配が上がりましたね。

満月の釣果を受けての対策

満月が決して釣れないわけではありません。

しかし、新月と比較すればどうしても釣りにくさは感じられます。

そこで考えられる満月時の対策をいくつか挙げてみます。

オープンよりもキワを通す

先述のように、満月のタイミングのメバルは障害物や根に張り付きがち

そこでよりタイトに障害物のキワを通したり海藻の上やギリギリをゆっくり通してみたりしたいところです。

このような釣りではプラグが有利でしょう。

愛用しているものはタックルハウス「オルガリップレス 43」

水面直下数十cmほどをゆっくり通すことができるのでなかなか便利なルアーだと感じます。

個人的に今まで最も多くのメバルを獲ってきたルアーのひとつです。

光量の少ないエリアを狙う

満月での光量がメバルの警戒心を高めるのであれば、光のより少ない場所を狙うのが無難でしょう。

今回は真っ暗なゴロタサーフでの釣行でしたので、このようなエリアはメバルに向いていると言っても過言ではないと感じます。

潮の変わり目や止まる間際がポイント

魚を釣る際には潮の動向は見逃せません。

干潮→満潮の切り替わりのタイミング、その逆も然り。

また、今回の釣行のように潮止まりの直前なども狙い目でしょう。

より潮を意識することで結果も変わってくるかもしれません。

まとめ!やはり新月のメバルは釣りやすい

結果を見れば一目瞭然ですが、新月の方が釣りやすいということが分かりました。

キープ数はもちろんアタリの数も結構違うなという印象です。

ではここでこの記事の内容をまとめてみます。

ポイント

・月明かりの有無が重要
・新月はメリットが多い
・満月ではよりタイトに攻める
・プラッキングが有効

・潮回りや動きもチェック

仕事や予定の関係でいつでも釣りに行けるわけではありません。

月の大きさやタイミングを見計らってエントリーすることが重要であると再認識させられました。

やはりメバルを釣るなら新月を狙うのが無難でしょう。

また、食味もよくどのような料理にも合うメバルは狙う価値は十分あるのではないでしょうか。

ご閲覧ありがとうございました。

------------------------------------



YouTubeチャンネル登録お願いします!


最新情報をお届け!Twitterフォローもお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑記事が気に入ったらシェア・クリック↓

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-釣り, ソルトウォーター

Copyright© 地球釣ってみた。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.